★全米日本語教育学会

名称 日本語名、英語名、(現地語名)

全米日本語教育学会 / American Association of Teachers of Japanese (AATJ)

国・地域名

North America / 北米

事務局住所、連絡先

Campus Box 366, University of Colorado, Boulder, CO 80309 USA
電話     (+1)303.492.5487
ファックス (+1)303.492.5856

ホームページリンク


活動開始年(設立年)

1963

学会について(主な事業)

年2回(春、秋)の学会開催;学会誌刊行;新聞発行;専門能力開発ワークショップ、オンラインコース、全米での日本語能力試験の実施、National Honors Society (NHS), National Japanese Exam (NJE), 年賀状コンテスト、日本への留学する学生への奨学金提供等

代表者名

齋藤-アボット佳子

代表者挨拶

全米日本語教育学会は全米の日本語教育、言語学、文学、日本文化研究の推進を目的として1963年に発足しました。主な活動は年2回の(春秋)の学会開催、学会誌の刊行、新聞の発行、留学のための奨学金援助、オンラインによる研修プログラムの提供、また、日本語能力試験やNational Japanese Examの実施、さらに年賀状コンテストやNational Honors Society の活動等があります。
任期中に押し進めていることは、次の 4分野です。① AATJの中核である全米での24の教師会(affiliates)の支援、② これからの日本語教育を担うリーダーの育成、③ ビジネス関係、日本政府との連携、そして④ 2016年1月より新たに推進しているJ-CANのイニシャティブです。J-CANとはJapanese(日本語)、Core Practices(全米での最新教授法, Articulation(アーティキュレーション)、Advocacy (アドボカシー)、そして Network(ネットワーク)の略称です。世界言語教育と連携しながら、このイニシャティブを奨励する活動を行い、日本語教育のさらなる普及、奨励に勤めていきたいと思っております。 これからもGNのメンバーとして 鋭意努力する所存ですのでよろしくお願い致します。

会員数

1,350

会員構成(教育レベル別等)

大学(約50%);K-12 (約40%);その他(約10%)

会員の研究分野、活動分野

教授法、言語学、第二言語習得、文学

入会について

上述の4分野に関して興味がある人;メンバーシップ期間は1月から12月まで

学会カレンダー(年次総会、研究会等)

春季学会(3月または4月)
秋季学会 (11月)

刊行学会誌

“Japanese Language and Literature”, 年2回刊行(3月、10月)

連携・ネットワーク(関連機関、関連学会)

24の教師会
ACTFL, AAS (関連学会)

学会運営体制(理事会、委員会等の有無)

会長、副会長、理事 (12名)、事務局長

  • 最終更新:2016-12-02 02:49:29