概要

目的

「日本語教育グローバル・ネットワーク」は世界各国・地域の日本語教育関連団体が、国際連携を強化するために設置しました。情報交流を進めることで、実践活動や学術研究が活性化することを目的としています。

沿革

2002年に天津で行われた「東アジア日本語教育国際シンポジウム」の際、『日本語教師会・学会グローバル・ネットワークの覚書』が取り交わされ、国際連携の重要性が確認されました。

組織

事務局は日本語教育学会にあります。世界各国・地域の日本語教育分野の学会・研究会・教師会などの団体で構成されています。


活動内容

(1)国際学術活動に関する共同開催,広報,参加についての協力
(2)機関紙等の主要学術研究刊行物の相互提供
(3)ウェブサイト等を通じて,各学会の学術活動の相互広報と,そのための情報の相互提供
(4)学会誌への投稿,研究会議への発表応募,等について,他の学会の会員に対する機会を提供する可能性の検討
(5)共同研究,講師派遣,等の人的交流の推進




  • 最終更新:2016-09-05 20:29:11